秘密の参考書

世の中に残したい・・・私だけの秘密を参考書にしました

2ページ「アーティスト UQiYOーウキヨー」

 

冬に貼るホッカイロでもなく
グツグツしてる鍋でもなく
42度のお風呂でもなく
 
あなたは…。
 
音楽を聴いて身体が温まったことは
ありますか…
 
 
。。。。。。。。。。。
 
彼らの名前はUQiYO
 
浮世離れした音楽をかもしだしている
 
バンドだ
 
。。。。。。。。。。。
 
彼らの事を知ったのは
ある友人との食事中だった。
 
彼女からUQiYOの事を聞き
彼らの音楽が無性に聴いてみたくなった
 
YouTubeで調べると
いくつか曲が出てきた
わたしは、すぐに出てきた

「TWiLiGHT」

をきいた。
 
 
(〃ω〃)
 
\(//∇//)\
 
(((o(*゚▽゚*)o)))♡
 
 
 
魂が喜んでいるのがわかる!!
身体がどんどん温かくなる!!!
 
 
 
これがUQiYOの音楽なのかと
心を奪われた
 
 
 
彼らはモデルのように超絶にイケメン
ではない。。。。
ただ彼らの音楽は超絶にイケてるのだ。
 
 
どこにもない
その独特な音楽は聴いたあと
また、聴きたくなる
 
 
これは
 
 
もう
 
 
恋だ。。。
 
 
 
UQiYOに逢いたい
UQiYOの音楽が聴きたい
UQiYOの世界に行ってみたい
 
 
 
そして。。。。
願いは叶った。。。
 
 
今日彼らの出演するライブに
行くこととなったのだ
 
 
ドキドキ
 
 
 
ドキドキ
 
 
ドッキン ドッキン

f:id:mayumaruu:20170315013339j:plain

 
 
 
ライブハウスにUQiYOの音楽が
充満する
私の胸の鼓動も最高潮に達する
 
 
 
人間は最高潮に達すると
笑うでもなく
叫ぶでもなく
泣けてくるのだ。。。。
 
 
何度も、何度も唇を噛み締めた
 
 
 
 
生で聴くボーカルの高音と
居心地のよい音
 
まさにそこは
思い描いていたUQiYOの世界そのものだった
 
 
最後の最後まで
彼らの歌はハートに
響きまくった
 
 
UQiYOは
この日本を救う
いや
世界を変える人間達なのだ。
 
I love UQiYO!
They are great artists.
Thank you
 

f:id:mayumaruu:20170315013406j:plain

1ページ 「ブリキのジョーロ」

人生ってホントに色々ある。

楽しいことも

嬉しいことも

悲しいことも

辛いことも・・・

いろんな事があっても前を向いてまた歩いて行かなくちゃならない。

 

 

また頑張ろうって前をむける

きっかけ・・・

みんなそれぞれ

 

とにかく寝る人

とにかく酒を飲む人

とにかく歌う人

とにかく泣ける映画をみて泣く人

 

私にも前を向かなきゃと落ち込むことがある

そんな時私はある場所へ必ず行く。

そこへ行くと「やる気スイッチ」をポチポチポチ

3つ押してもらえる・・・・

そんな素敵な場所

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

私が初めてその門をくぐったのは今から3年前だった。

 

 

ここ何屋??

ここ店??

ここ人いる??

これが、私が初めてこの「ブリキのジョーロ」の前を通った時の感想だ。

 

私の目の前にあるその店は

まるで森のように木々が生い茂り

ドーンとそびえ立っていた。

その緑たちのお蔭で中に人がいるのかさえわからない

 

 

この緑の通路をたどっていき店の中に入る

店内はそれは私が想像していた物をはるかに超えた

最高の空間だった。

そぅ。ここは「花屋」だ

 

 

緑や花たちが、かもしだす空気が都会の空気をすべて

クリーンにしてくれ

呼吸をする空気がとても美味い

私の時が止まる

いつまでも、何分でも、何時間でも、そこにいられる居心地の良い空間

 

がつがつ

ギャーギャー

と話しかけてくる人間はいない

 

私とこの緑たちだけの楽しい時間・・・

 

二階に通じる階段をのぼる

一段

一段

ゆっくりと

 

そして目の前に広がる素晴らしい演出

 image1 (4).JPG

この日はたまたま

「ウェディングフェアーのイベント」を

開催していた

image2 (1).JPG 

 

思わず声が出てしまう。

 

 

「なんて綺麗なんだ・・・」

 

 

 

私の体の中のエネルギーが満タンになる

 

そして我が家へ一緒に連れて帰る植物を

選び包んでもらう

 

 

いつだってそうだ。

このブリキのジョーロは行くたびに

私の冷えた心にいつも優しくて温かいエネルギーを注いでくれるのだ

 

image1 (3).JPG